対象物質(特定有害物質)(法第2条):
 汚染された土壌の直接摂取による健康影響
― 表層土壌中の高濃度の状態での長期間蓄積し得ると考えられる重金属等
地下水等の汚染を経由して生ずる健康影響
―地下水等の摂取の観点から設定されている土壌環境基準の溶出基準項目
 
目的(法第1条):土壌汚染の状況の把握に関する措置及びその汚染による人の健康被害の防止に関する措置を定めることにより、土壌汚染対策の実施を図り、もって国民の健康を保護する。
 

仕組み:
 
※土壌汚染対策の円滑な推進を図るため、汚染の除去等の費用を助成し、助言、普及啓発等を行う指定支援法人を指定し、基金を設置(法第20〜22条)。

大原研材株式会社〒124-0005 東京都葛飾区宝町1丁目3番11号TEL:03-3697-3241FAX:03-3697-8915
copyright © 2003 Ohhrakenzai Co.,Ltd